喜怒哀楽、してる?

海外と子供と写真が好きな普通のblog

たまに振り返る。今回は鬱のこと

f:id:yvlisvyvlisv:20171002015107j:plain

 

写真はすごくきれいな夕立のあと。inフィリピン

 

 

やっちまった…もう10月だ。気づけばほぼ一ヵ月経ってる

持続させるって本当に難しいなあ(しみじみ)

ネタはたくさんあるはずなのになぜ書けない!!

寿司と同じでネタも新鮮なほうがいいのに!(多分)

もうすぐでフィリピン学生生活も終わるっていうのに!!

 

 

まあ、過ぎちゃったもんは仕方ないので。はじめよう

 

 

久しぶりの記事ですが、本日は過去の続きではなく、

過去に経験した鬱のことを書こうかと。

 

 

精神不安定すぎて変だった時の事を書こうかと!

 

 

 

そもそも、書こうと思ったきっかけは最近悪夢を見て目覚めることが多くて。

そのたびに思い出すのは昔の事。

 

あ~…昔はこんなの頻繁にあったなあ…とか。

 

 

なかなか自分の前回の過去記事の続きを書けないでいるので

今日はごまかしがてら振り返り記事でも書いていきます!!

 

 

 

 

 

きっかけ

 

いつだったかは全く分からない。きっと自分が知らない内になってたんだと思う。

まだその時代はなんて今よりも認知度が低かった

まさか自分がなってるなんて思わなかったから。

 

 

当時私はある人にヤク中だと思われてた。笑

なぜなら、瞳孔がガン開き。だったから。笑(本当に尋常じゃないくらい)

〈通常の人の黒目が開いたときの大きさが私の場合は閉じてる時。

そして開いたときはほぼフチレベルで真っ黒。〉

そして笑わない。というダブルパンチでヤクチュウ決定でした。笑

※実際はやってません

 

〈後々わかったのは瞳の色素が薄いため光を吸収しやすく、瞳孔を開け閉めする線が弱いということ。なので私の瞳はカラコン?とたまに聞かれるくらいのブラウンです。
昔は太陽がまぶしすぎて目が開けれなかったり横断歩道の地面の白い線すらまぶしすぎて見れず

サングラスしてたくらい。〉

 

 

 

 

元々、自分は変だなと思うことが少なくなかった。けど

そう思うことが増えてきた。どんどんどんどん。

 

高1のときは、痛みを感じさせること

あ、まだ痛みを感じれるんだ。って安心できたのでピアスを開けまくったり

よくある(?)リストカットもした。けどなんか私的にはしっくりこなかったからやめた。

 

なにか落ち込むことがあれば当分家にこもったり。とか普通だったけど

少しづつ、少しづつ、行動が大きくなっていった。

 

 

いきなり泣き始めたかと思えば急に泣き止んだり。

 

 

夜中急に起きて泣きだしたかとおもえば、

癇癪起こして赤ちゃんのようにダダこねたり

 

落ち込んだとき、周りと一切接触を取りたくなかったので

携帯の電源を切るだけじゃもの足らず、わざと水没させたり。

(でもあとで電源つけたら生きてたときはまじで腹立った)

 

 

不眠症になったり

 

いつも朝目覚めませんように。と願ったり

 

信号待ちをしているときや道路にいるときなど

今飛び出したら死ねると常に考えてたり

 

 

周りの人の目がこわくて、怖すぎて

そんな目で見るな!どうせ死ねとか思ってるんだろ!

とわめきちらしたり

 

 

本当に死のうと思って風邪薬の錠剤をビンに入ってる分ぜんぶ飲んだり

(結局なにも起こらずピンピンとしてた)

 

 

とりあえず情緒不安定すぎて激しい運動してるみたいにしんどかった。笑

何重人格もの自分を持ってるみたいで

 

 

そしてあるとき、なにかにすがりたくて精神病院にいった

そしてお医者さんはカウンセリングという名のありきたりな質問ばかりしてきて

くそつまんないし、ありきたりな質問が全部きれいごとに聞こえて

私には合わなかった。

(きっとそういう判断ができるってことは今思えばまだ大丈夫だったのかも。)

 

 

なので、薬だけもらって飲むことに。

 

 

 

 

でも、精神安定剤もほとんど効果がなく結局は思い込みの物でしかないんだなと思いやめた。

 

 

 

 

結局、薬も病院も頼らず私は

ある人のおかげでその人がまるで薬かのように

鬱の症状はいつの間にかすべてなくなってた

 

その人はすぐに駆け付けてくれて自分と同じように苦しみ泣いてくれて

私を大切だといってくれて夜泣きが起きたときは子供をあやすかのように

背中をトントンとしてくれた。

ただそれだけ

 

ただそれだけのことが薬なんかよりも大きくて暖かくて効果があった。

一番ほしくてずっとずっと探してたものだったから。

 

 

今は全然なく、たまに不眠症になるくらいで

痛いのももうやだし携帯なんて水没とかありえないし

道路とかみても何も思わない。

 

 

でももし、私を救ってくれる人が現れてなかったらきっと私は

何も変わってなかったとおもう。

 

 

軽い鬱か、重い鬱かなんてわからないけれど

もし、同じように鬱の人がいたらそのとき私はどうするだろうか?

と、たまに考えるけれど

 

否定はせず、あとは普通にふるまうだけ。

ほかはなにも変わらない。医学的な治し方や方法はあるのかもしれないけれど

 

私の場合はきっと

一人の人間として見てほしい。

私をいないものとせずしっかりと目に移してほしい。

存在してるよ。必要だよ。って感じさせてほしい。

 

その想いの現れからの鬱だったのかなと思うので

きっと私は何も変わらず接する。そしてありがとう。って言う。

※医学的なことはわからないので無神経でしたらすいません

 

 

ありがとう。と言われるうれしさをその人に出会って知った

ありがとうの言葉のすごさも初めて知った

生まれてくれてありがとう。生きていてくれてありがとう。

その人がくれた言葉を今では大切な人、出会った人に送ってる。

バトンとして送る。

 

そしてたまに、今でも自分に届けてる。

 

 

 

 

 

昔の自分に今の自分を見せたらきっと信じてくれない気がする。笑

それくらい今は幸せ。だし

 

自分の人生ありがとう!って言える

 

 

 

 

 

 

締め方がわかんないので……

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました(*^。^*)

それでは!!!