喜怒哀楽、してる?

海外と子供と写真が好きな普通のblog

お金問題について。


f:id:yvlisvyvlisv:20171103021024j:image
 

 

 

大体の人は経験したことがあるだろう。

 

「お金を貸して。」と言われたことが。

 

 

その時、あなたならどうしますか?どうしましたか?

友達に言われたとき、親友に言われたとき、両親に言われたとき、そんな仲良くない人から言われたとき、など。

 

 

私は親の影響で10代から20代前半までお金が大嫌いでした。

お金なんてなければいいのに。お金は人を狂わせる。

(今はお金は使い方次第。だと理解しております)

諭吉なんて見ようもんならイライラ爆発寸前。

お金に細かい人を見たらそれだけでお金に狂ってる奴。と判断してました。

 

小さい頃、頑張って貯金した五百円玉数枚もタバコ代として勝手に取られ、

幼少気の親の喧嘩は必ずお金のこと。

母のパチンコ友達のおばちゃんに可愛がってもらってたけれど

その人が「お母さんの噂知ってる?あんたのお母さんお金貸してってトイレまで着いてきて頼んだりするって噂パチンコ屋さんで流れてるねんで。」って言われたときもあった。

それを聞いて私は

「そんなこといわれてもどうしようもないんですけど。」って返した。腹立ったし

それが本当かどうかなんてわからんしほんまやったとしてもどうしようもない。

それを簡単に子供にゆうのもどうかしてると思った。

あなたのためを思って言った。はきれいな言葉に聞こえるけど全然そうじゃない。

 

昔の私は両親は情けない人。でしかなかった。

私の高校のお金が必要だというときなんかも平気で人に借りて私に渡してくる。

タバコ一箱のお金さえも、ない、ない、とよく呟いてた。

 

それでも成人してバイトしまくってた時、たくさん稼いだので迷惑かけたぶん、働いたお金を半分は家にいれてた。

(ほぼ家に帰らず徹夜詰めで当時18歳で30万。その内25万家に入れてた)

 

その時はお金で困っているという現状を変えるにはお金を渡したら解決すると思っていたから。

でもそれは違っていた。

 

現状は変わらず、両親の口から出るのは

お金ない。

いつも聞く言葉。

 

意味わからんくて、ちょっと待って。ってなった。

お金ない。の意味がわからん。なんでなくなるん?支払いで?

そう問いただしても支払い多めに返したり人に返したりしてたらなくなるねん。と言うだけ。

 

初めは信じたけれど何ヵ月か後には

お金ないから1000円だけでもいいから貸して。

 

パチンコやな。すぐ理解して、何に使ってるん?と問いただす。

現在何を支払いしてるのかも全て聞き出す。

じゃあほとんど支払いなんてしてなかった。

 

その瞬間悲しくなったし怒りもあったし自分が甘かったな。と反省した。

渡すだけじゃ解決にはならないんだ。

 

そう気付いてからは家に入れるのをやめた。

 

今までは自分のしてほしいことばかり相手に押し付けてたけれどそれじゃ何も変わらないこともわかったから。

 

両親に言った。

パチンコに行くのはもう、止めへん。止めても無理やろうしあなたたちの一つの楽しみやと思うからそれはやってください。でも遊ぶのと生活費を使ってまでお金を消費するのは別問題。

今のあなたたちはお金がなくなっても誰かに借りれる前提でお金を消費してるからそれが変わらない限り家にはお金を入れれない。

 

と。

家に入れれない分支払いに回して手伝うから、と。

 

何度も何度も話し合って私が20後半のとき

ようやくマシになった。

パチンコには相変わらず行くけれど生活費を使ってまではしなくなった。

それでもお金の使い方は下手で

お金が入ったらすぐに使ってお金ない、お金ない。と言うのは変わらないけれど。

 

 

未だに昔のトラウマがあって

帰国後、実家でお世話になって間もない頃、朝起きた瞬間財布が気になり、ダッシュで確認しに行った。ってことなんかよくある話。

 

私が貸さなくなってからはあまり言わなくなったけれど

それでもたま~に、最近でも

お金を持ってるとわかったら、すごく言いにくそうに

1000円だけでいいから貸してくれへんか?それかタバコ代だけでもいい。

と言ってくる。

 

もう、社会人やからいくらでも渡したい。渡せるなら渡したい。

でもそれが優しさではないと私は思うから。

(まず問いただして、理由によっては渡すときも。)

渡すだけなら簡単。でもそれじゃあ解決になんてならない。

 

1000円、小銭、たかが小さい金額かもしれない。

だからこそ苦しくなるし、情けないって思いたくないから嫌になる。

なんでその金額を貸してって、なるの。って。

 それと同時にそれくらいの金額渡したらいいやん。って私に悪魔が囁く。

果たしてそれは悪魔なのか天使なのか?

未だにわからない。

 

でもそれよりも、

とりあえず私が稼ぎまくったら全て面倒見てあげれるのにって強く思う。

 

親がお金にルーズなおかげで

自分も親の血を継いでるのか‥‥あぁはなりたくない!って思いから

家計簿をつけるようになったし管理もするようになったし反面教師として、感謝してる。

 

 

友達に貸して。なんて言われたときは

もちろん一度手放したお金は戻ってこないという覚悟で渡すけれど

友達に言うってことはその友達をなくす覚悟で今お金を貸してって言うてるんやんな?と確認してからわたす。

私なら大切な友達には絶対言えない。

 

 

だからといって、

留学先でほぼ挨拶しかしたことない人に急に

お金貸してほしいんすよ。って言われたときは

は?無理。ていうか目の前にクラスメイトおるやん。その人に言うたら?って言ったけど。

 

理由聞いたら、遊びに行くお金がないんす。

いやいや、君のお金の自己管理がなってないのをなんで私が助けなあかんねん調子のっとんかよ。管理せーよ。ってなった。

そこまで懐ひろくない。

 

もっと深刻に言われてたら違ったんかな‥‥。

軽い感じでお金貸してって言える人間の神経がわからん。

 

 

もし、億万長者なら貸すのかな?

いや、それこそ一円単位できっと大切だからお金を管理できてない人には貸さないだろうなあ。

人生かけて行動して借金した!とかなら全然OKだけど。

 

 

もっと器が広ければなぁ‥‥。